無料ECサイト

みなさんが日常生活の中で日々使用しているECサイト。いわゆるインターネットショッピングですが、このECサイトを専門業者に一から製作してもらおうと考えたときにどの程度の費用がかかるかみなさんはご存知でしょうか?安いものでも数十万円、高いものでは数百万円の費用がかかってきてしまいます。ECサイトを一つ制作するのになぜここまで費用がかかるのでしょうか?それはECサイトを構築する為にいくつもの順序が発生し、細かい部分にこだわればこだわる分時間がかかってしまうからです。まず、パソコン閲覧者向けに制作するのか?スマートフォン向けに構築するのか?によってECサイトの作り方も変わってきますし、ECサイトのデザインにも費用が発生してきます。

しかし、高額な製作費用がかかってしまうECサイトですが、デザインやセキュリティ面などにはこだわらず、とにかく自分のECサイトが安く早く製作したいという方がいましたら、今はこのECサイトが無料で作れてしまうということはご存知でしたでしょうか?無料でECサイトを製作する場合、どうしてもデザインやフォーマットなどはいくつかに指定されたものでないと製作できませんが、どこに何を掲載するなどは自由自在にアレンジできます。この無料ECサイト作成はいくつかのECサイト作成業者が運営しており、無料で使用できる分、有料版もあり無料版は最低限のECサイト作成をするためのツールです。もし、少しでも興味がありましたらぜひ無料ECサイトで自分だけのECサイトを作ってみて下さい。

 

Saas型ECサイト

みなさんの中でSaas型ECサイトという言葉をご存知の方はいらっしゃいますでしょうか。コンピューターを専門としている仕事でない方はなかなかご存知ないかもしれません。簡単に言ってしまえばこのSaas型ECサイトとは、インターネットを通じて遠隔地のサーバーにアクセスし、そこでインストールされたアプリケーションを利用することができる、いわゆるクラウド型サービスのECサイトです

ECサイトをこれから構築しようとしているが、費用はできるだけかけたくないという方はこのSaas型ECサイトをおすすめします。その理由として、前述した通り遠隔地のサーバーにアクセスをすることがこのSaas型ECサイトの最大の特徴ですので、自社でサーバーを持つことが不要となりサーバー管理などのコストが従来よりも大幅にカットできるからです。しかし、サーバーを持たないかわりにユーティリティ型料金と呼ばれる使用した分だけを支払う課金型システムとなっていますので、その使用分については料金が発生します。

また、安さの理由として、企業でECサイトを製作する場合はソフトウェアを購入し、そのソフトウェアのライセンスや管理費用、グレードアップなどに多くの費用がかかっていましたが、外部ソフトウェアを使用しますので、ソフトウェアを購入する必要や管理する必要がありません。Saas型ECサイトは比較的新しいサービスですので、まだ知らない方も多いかもしれませんが、これからECサイトを構築しようとしている方や現状のECサイトに満足できない方はぜひこのSaas型ECサイトを利用してみることをおすすめします。

参考サイト→ECサイト構築

ECサイトとは

ECサイトと聞いて分からない方も多いかもしれませんが、インターネットショッピングサイトと言えばほとんどの方が分かるのではないでしょうか?今では、実店舗で買い物をしなくてもこのECサイトでの買い物だけで普通の生活ができてしまう世の中になりました。普段から何気なく利用しているこのECサイトですが、いざこのECサイトを運営する側になったときには、二つのパターンがあるということを覚えておきましょう。

まず一つはモール型と呼ばれるECサイトです。これはどういうECサイトかと言うと、大手通販サイトなどが運営しているインターネット上のページに、自分のお店のページも出店するという形です。実店舗で分かりやすく言えば、デパートなどのショッピングモールに自分のお店を出店するというイメージです。モール型のメリットは既に多くの人に知られているサイトですので、自分のページに多くのお客さんが来てくれる可能性が高いということです。ただ、デメリットとすれば同じような業種のページもたくさんありますし、サイト運営者に出店料を支払わなければいけないという点です。

このモール型と比べてもう一つは自社サイト型になります。その言葉の通り、自分でサイトを立ち上げ、そのサイト自体が自分のお店となります。メリットとすれば、出店料はかかりませんので、無料でインターネット上にお店を出せますし、技術や知識があれば自分流のカスタマイズができる点です。逆にデメリットは、集客力です。実店舗で言えば、知らない土地にお店を出すことになりますので、始めた当初は集客力がなく誰も自分のページに来てくれません。従って、最終的には人を集める為に広告費用を使うことになりますので、このECサイトの二パターンはそれぞれ一長一短があると言って良いでしょう。